顶部图像 - 纯爱计划·动漫社 SexACG

【游戏】紫影のソナーニル~What a beautiful memories~(紫影的索纳尼尔)【汉化硬盘版】


Story:
——那里确实,存在着本应失去了的东西
作为ライアーソフト的人气作蒸汽朋克系列第五作的本作,是混杂了现实与幻想的充满谜题的神话传说。
因为不明原因的大灾害而化为了废墟的旧重机关都市纽约。 然后,以这谁也不知道的地下世界、在本应消失了的却仍然延伸着的紫色天空的纽约为舞台,以两个少女的视角来展开故事。
故事主要描述的是,丧失了记忆的少女リリィ在化为了地下的异形的纽约中的冒险。
她将会一心抱着“以紫色天空的尽头为目标”的使命感,与谜之少年A一起在充满危险与谜题的世界中经历。
在旅途中,她们将会与各种人相遇并了解它们的想法,还有不知为何地被怪物追杀等,如此走在一波三折的道路上。
到了最后,等在少女的终点的会有什么吗?
与探寻地面上的纽约的少女有什么关系?
还有,为什么纽约会成了废墟?
各种谜题,随着少女们的故事而揭开——

隐藏内容需 登陆 后才能看![开放注册请留意首页公告动态!]

游戏名:紫影のソナーニル~What a beautiful memories~
制作公司: ライアーソフト
发售日:2010-11-26
语音: 全语音
属性: 幻想.传奇.悬疑.蒸汽朋克
原画: AKIRA
脚本: 桜井光
音乐: Blueberry&Yogurt、マッツミュージックスタジオ
演唱: Rita
声优: 野月まひる、かわしまりの、高槻つばさ、高井戸雫、榛名れん、柚李、杉原茉莉、金田まひる、小倉結衣
汉化日期:2015年12月10日
汉化小组:萌你妹汉化组http://tieba.baidu.com/p/4206327586
A2F209F79E80CFCDB7DCC0E4474570DC9E0E4EAE

保护作者版权 本站不提供下载
作者の著作権保護 本站提供しない下載
Copyright protection of the copyright of the site does not provide download

ライアーソフト的最新作,并且是蒸汽朋克系列的第五作,脚本依然由樱井光负责。从蒼天のセレナリア
开始,到赫炎のインガノ ック-What a beautiful people -,经过漆黖のシャルノス~What a beautiful tomorrow~到白光のヴァルーシア再到本作紫影のソナーニル~What a beautiful memories~已经是系列的第五作了。看来ライアーソフト还真是想做成一整部长篇系列剧哪。

本作的画风还是一直很独特,很有ライアーソフト的风格,大家不要被画风给吓跑了,至少这次的剧情很是给力,之前玩了试玩版,感觉很不错。现在正通着本篇呢。樱井光的文笔整体没有变化,但这次减少了“他”“组织”“某个不可说的人”等晦涩难懂的东西,设定也从本篇中移到dictionary里,方便玩家自行查阅。而且虽说是系列作,但是各个作品之间剧情比较独立,所以就算没玩过前面的作品也可以融入到剧情里。

商品紹介
──其処には、失われたはずものが、確かに存在していたライアーソフトの人気作・スチームパンクシリーズ第5作目となる本作は、現実と幻想が混在する謎めいたおとぎ話。
原因不明の大災害によって廃墟と化した旧・重機関都市ニューヨーク。 そして、誰も知らない地下世界・紫色の空が広がる消えたはずのニューヨークを舞台に、ふたりの少女の視点から物語は紡がれる。

主に物語を描き出すのは、地下の異形と化したニューヨークを冒険することになる記憶喪失の少女・リリィ。
ただひたすらに “紫色の空の果てを目指す” という使命感のもと、謎めいた少年・A と共に危険と謎に満ちた世界を巡ることになる。
その旅の途中では、様々なヒトと出会いその想いを知ったり、なぜかモンスターに命を狙われたりと、波乱に満ちた道を歩むことに。

果たして、少女が目指す先にはナニがあるのか?
地上のニューヨークを探索する少女との関係は?
そして、なぜニューヨークは廃墟となったのか?
様々な謎は、少女たちが紡ぐ物語を読み解いた先に――

 

ストーリー
20世紀初頭、西暦1907年。
私たちの知るものとは異なる時代、 私たちの知るものとは異なる歴史を歩んだそこには、無数の蒸気機関が充ちていた。
異常発達した蒸気文明が生み出す排煙は見る間に天を埋め尽くし、人々から青空を奪い去った。

中でも、最も空が暗いとされる場所があった。
永劫に続く灰色雲と雨に覆われた廃墟、旧・重機関都市ニューヨーク。
5年前に発生した 《大消失》 と呼ばれる原因不明の災害によって全土が廃墟と化したかつての摩天楼、
合衆国政府によって完全封鎖され、現在では人影のひとつもないその都市へと、
ひとりの女・エリシアが足を踏み入れる。ひとつの目的を持って。

災害の中心地とされる旧マンハッタンへと向かって、女は静かに歩み始める。

一方で──
旧・重機関都市ニューヨークの “地下” とされる場所があった。
地上の誰ひとりとして、その存在を知る者はいない。 薄暗い紫の灯りに照らされる広大な地下空間。
そこには、5年前に消失した摩天楼の街並みが存在していた。 ただし、大いなる歪みを伴って。
異形へと歪み、黒色と紫影に染められた、出口のないその地下世界 《アンダーグラウンド・ニューヨーク》 には、消え去ったはずの人々が確かに存在していた。
7体の 《御使い》 と呼ばれる怪物の足音に怯えながら。
7体の 《御使い》 と呼ばれる怪物がもたらす恐怖と苦痛と死に耐えながら。
人々は、歪みの地下都市の中で、何かを待ち続けるかのように留まり続けていた。

そこへ、ひとりの少女・リリィが足を踏み入れる。 記憶の一切を持たずに。
リリィにとって、わかっていることはひとつだけ。
理由はわからない。何があるのか、誰がいるのか。なぜ、そう自分が思うのかも。
それでも、たったひとつだけ。

「マンハッタン。紫色の空の果て」
「あそこに。あたしは、いいえ、あたしだけは、行かないといけない」

──少女は目指す。遙か彼方の紫影の塔を。
──想い遺した人々の儚い影に、触れ続けながら。涙を、我知らず流しながら。

 

世界観・用語説明
・地下世界 作中における “幻想の如き世界”。アンダーグラウンド・ニューヨーク。
5年前に大災害で廃墟と化したはずの街並みがまるごと、広大きわまる地下空間に移された──といった風景である。
ただし、あちこちが歪み、戯画化されたように変化している。高層建築に黒い茨が絡まったり、建物の色が影のように黒ずんだり、直線だった柱が歪んだり、etc。
出口はなく、外(地上)に出ることはできない。
5年前に死んだはずの300万の人間が、地下世界の住人となっているという。しかし 《御使い》 に襲われることで、かなりの数を減らしている、ともされる。
一見では “災害の生存者たちが暮らす地下都市” である。
リリィは、ここを彷徨いながらマンハッタンの塔を目指す。

・地下世界の住人
アンダーグラウンド・ニューヨークに住まう人々。
地上のニューヨークに暮らしていたはずだが、5年前のある日、気付くと、すべての都市住人がこの異形に歪んだ世界の住人となっていた。
何故そうなってしまったのか、5年前のあの日に何があったかを覚えている者はいない。いないことになっている。
奇妙なことに、地下の人々は死ぬことは決してない。けれど、7体の 《御使い》 のいずれかに襲われると、死ぬ。死んだような状態になる。その後、体の一部が鉄(メタル) と化して蘇るのである。
身体のすべてを鉄(メタル) へと変えられた者は、物言わぬモールと化して、人間のように考えたり歩いたりすることのできない存在となってしまう。
5年の間に、地下世界に暮らす多くの人々がモールになってしまった。

《ルフラン》
地下世界の住人に起こり得る特異な現象。
7体の 《御使い》 に襲われて “死”してもなお、その後、住人が無傷の状態で蘇ることがある。自動的に、身体の一部を必ず鉄(メタル)へと換えながら。
この、一連の “死”から “鉄を伴う再生” を地下世界では 《ルフラン》 と呼ぶ。
多くの場合、記憶の一時的退行を伴う。消える記憶は数時間から数ヶ月までさまざまである。

《御使い》
大きな二枚の翼を持った人型。いわゆる “天使” に見えないこともない姿。
色は白。頭部と、4本の細い腕があるが、脚はない。
サイズは基本的に3~4mほど。個体によっては更に巨大なものが存在する。

登场人物

エリシア・ウェントワース CV:野月まひる
主人公にしてヒロイン。 作中における、唯一の、地上の人間。
廃墟と化した地上のニューヨークを歩く、黄金瞳の娘。
3年前 (1904年) の12月以来、左目が猫科の動物に似た “黄金瞳” に変わっている。

大人しそうな容姿には不相応の勇気を備え、強い意思を持つ。
気丈な性格。誰の助けもなく、たったひとりで広大な廃墟都市である旧ニューヨーク・シティを訪れた。
自ら開発した多脚式歩行鞄を連れて、廃墟という現実を歩き続ける。

本来はイェール機関大学に通う学生だが、休学中。
故郷であるコネチカット州のハイスクールに通っていた頃、ほのかな想いを交わした初恋の相手がいた。
互いに深く想い合っていたものの、恋人同士にはならなかった。
回想で徐々に提示される過去の記憶により、彼女が旧ニューヨークで探すのが、その人物であることが明かされていく──

「1日目。廃墟に足を踏み入れた。あの噂は正しかった。本当に、誰の姿もない」

リリィ CV:かわしまりの
主人公にしてヒロイン。 異形と化した 《地下世界》 を彷徨う少女。当初は男装している。
素っ気ない表情や、やや不機嫌そうな表情を浮かべることが多い。
性格自体は純朴で素直。姿の割には中身は子供っぽい。
時折、普段の様子からは思いも寄らぬ意思の強さを見せる。

自分の素性についての記憶がなく、どうしてこの場所──歪みと幻想に充ちた 《地下世界》 ことアンダーグラウンド・ニューヨーク・シティにいるのかも理解できていない。
彼女の中にある初めての記憶は、瞼を開いて目にした紫色をした偽物の空である。
《地下世界》 が異形であり、異常であることは認識できているが、地上へ戻るという考えは持っていない。それを問われても、意味がわからないという表情を浮かべるのみ。
自分のいる世界が異形と幻想に充ちた場所であることも、本当のニューヨークは廃墟であるという “現実” も、当初は理解していない。

目にしたものすべてに疑問を浮かべ、興味を抱く。
言葉と最低限の常識以外のあらゆる事柄について記憶を失っているが、ただひとつ、マンハッタンにそびえる 『紫影の塔』 を目指さなくては、という意識だけがある。
当初は人間性が薄いように振る舞うが、人々と出逢い、彼らの 《ルフラン》 を目の当たりにしていくことで、我知らず流れ落ちる涙と共に、己の内に秘めた “想い” と、その強さに気付いていく──

「あそこに。あたしは、いいえ、あたしだけは、行かないといけない」

A(エー) CV:古河徹人
自分の素性を一切明かすことのない、謎に満ちた、表情のない青年。
リリィを導く 《地下世界》 の人間。
通称は 「顔のない男」 や 「からっぽ頭(エア・ヘッド)」。

異形と化したニューヨークである 《地下世界》 に足を踏み入れた黄金瞳の少女にリリィという名を与え、
意思を持つかのように移動と停止を繰り返す “1輛だけの地下鉄” を操り、マンハッタンを目指す彼女を導いていく。

彼には感情が殆どなく、従って、表情も殆どない。
淡々と事実を述べながらリリィを導く彼は、時に、彼女を危険から守る。

「僕は導くだけだ。脳がないから。ここで何をするのか、すべて、きみ次第」

ラッキー・ルチアーノ CV:小次狼
幸運の女神に愛されたはずの男。 《地下世界》 の人間。
運命を操る帽子男を名乗り、リリィの前に姿を見せ、以後、つかず離れず彼女の旅路に顔を出すこととなる。
Aやジャガーマンと比較的話が合うのはこの男のみ。

洒落たスーツに身を包む、都会の伊達男。
かつては、5年前までは才気あふれるマフィア幹部として頭角を現していた。
犯罪シンジケートを作り出し、ニューヨークの裏社会すべてを掌握しかけたこともあるという。

マンハッタンの「巨壁(ザ・ウォール)」の先にいるひとりの女を愛し続けている。

「俺の名前を知らないとは。あんた、ニューヨークっ子じゃねえな?」

マオ CV:高槻つばさ
リリィを見つめては笑ってみせる娘。 《地下世界》 の人物。人間?
頭の上に猫の “耳” を持ち、尻には尻尾を生やした、正しい人間とは些か異なったかたちを持つ異形の少女。
よく高台にいて、リリィを見下ろしては 「ひひひ」 と笑う。

享楽的な性格。いつも笑っている。
しきりに誰かを嘲笑するが、そうする時、マオは一切の享楽を感じることはない。
本当は、笑うことを、彼女はやめたがっている。

本来の姿は現在とは別だったが、ジャガーマンと同じく、自らに充ちる性質のために獣人としての外見を得ている。
ただし、豹男とは、決定的に異なる点がひとつある。

「なにしてんのさ、莫迦なリリィ。リリィは “目” があるのに見えないの?」

ジャガーマン CV:蘭丸
牙持つ獣頭を備えた男。リリィを付け狙う。 《地下世界》 の人間。
南米出身であると自称するが、スペイン語は不慣れの模様。

彼は 《地下世界》 を支配する何者かの部下であり、本来であれば異形の 《地下世界》 にいるはずのない存在であり、本来はこういった姿もしていないという。

マンハッタンの塔を目指すリリィを阻むべく、幾つかの罠を仕掛ける。

「ブエナス・ノーチェス! 小娘め、挨拶もできない莫迦な小娘め!」

エジソン卿 CV:越雪光
唯一無二の 《発明王》 の名を有した天才発明家。
5年前、マンハッタン島の第2エンパイアステートビルの主人であった男。
先端型の碩学研究施設として世界有数の超高層ビルを機能させ、若き天才アラン・エイクリィを始めとする数々の才能と共に、とある研究と実験を行っていた。

《地下世界》 の住人の中には、確かに彼の姿をこの異形なる地下領域で目撃したという者がいるという──

『チク・タク、チク・タク』

薔薇の魔女
地下世界で囁かれる噂話のひとつに、魔女の噂がある。
ひとりの魔女がこの地下世界に災いをもたらす、という。

恐ろしい “西の魔女” こそがその魔女なのだとされているが、ごく一部の噂では “薔薇の魔女” なる
誰にも知られていない魔女が存在し、彼女こそが災いをもたらすと言われている。

【武装街娼の女】
ミリア・ストーク CV:高井戸雫
現在の地下世界を受け入れた女。若い女。橋の街ヴェラザノで武装街娼をしている。
ダーク・ギャングたちに理由も分からず追われるリリィを見返りなしで匿ってくれる。
武器はパイルバンカー。

言葉は擦れているが心根は穏やか。
街娼はいつから続けているか覚えていない。“誰か” に愛の言葉を囁かれて、それを信じて待っていたら “何か” があって、ニューヨークは地下世界になっていた。
疑問に思ったかもしれないが、今ではもうどうでもいいとうそぶく。

ひとりの浮浪者につけ狙われているが、それもあまり気にしていない。
リリィが助けなければ殺されていたという段になっても、どうでもいいと肩を竦めてみせる。
どうせ、地下世界では死ぬことなどないのだから。

「……でも、どうでもいいさ。どうでも」

【狂った男】
ピーター CV:小次狼
かつて墓の王に逆らったという男。 橋の街ヴェラザノの住人。
異形となった街の片隅でうずくまるか、往来で何事かを叫び続けている。
狂人と言われており、確かに狂人だが、その言葉のいくつかは都市の真実を捉えている。

街娼ミリアをつけ狙っており、隙あらば殺そうとナイフを常に隠し持っている。

シカゴ・シティの 「帝王」 とかつて現世で争った捜査官のなれの果て。
仮に名乗っている 「ピーター」 は父の名であるという。

「私は狂っている。地下世界も狂っている」

【待ち侘びる母娘】
ユリアナ&カトリーン CV:榛名れん、柚李
父の帰りを待ち続ける母娘。 地下世界の人間。オランダ系。
母ユリアナは年若く、娘カトリーンは幼い。
色の街(多人種の街)ロング・アイランド、アパルトメント複合体クイーンズブリッジ団地の一室で、マンハッタンから戻らない夫/父を待ち侘びつつ暮らしている。

カトリーンは、綺麗な装飾が施された英国製のオルゴールを常に持ち歩いている。
ラッキー・ルチアーノはカトリーンの名付け親である。

「ママ、ママ。パパはいつ戻るの?」
「今夜……いいえ、明日、明日の夜にはきっと戻りますよ」

【夢あふれる少年】
ルース=B CV:杉原茉莉
あふれんばかりの夢に充ちた少年。リリィと同い年程度。
地下世界の人間。マンハッタン在住。
壁の街ウォール・ストリートを根城にする猫(ネコビト) たちを統率するただひとりの人間。ストリート・チルドレン。

マンハッタン中央域への道を阻む巨大な壁である 《ザ・ウォール》 を閉ざし続けることを決めており、ザ・ウォール付近を徘徊するダーク・ギャングたちと敵対している。
常に木製のバットを携えている。武装しているように見えるが、実はそうではない。彼は大リーグの選手になるのが夢なのだ。5年前からずっと。

マオの想い人である。

「……ホームランをかっとばすんだ。最高のやつをさ」

【もう1人の猫】
ルシャ CV:金田まひる
ウォール街に住む娘。猫娘のひとり。 フランス系の猫びと(ネコビト)。
マオと同じく、ルース=B に想いを寄せているが、マオと違い、まだ諦めきれてはいない。
もうここは地上とは違う。ならば、この想いだって、ただの猫が人間に抱くものとは別のものであるはずなのだから、と。
ルースからは 「いも」「いもようじ」 と呼ばれているが、たいして気にしていない。

猫街であるウォール街に変装して潜入するリリィを訝しみ、さまざまな嫌がらせを行うことになる。

「あんたとは違うんだ、マオ。私はそんな風には割り切らない」

【ブロードウェイの女】
ジンジャー・ロジャース CV:金田まひる
才能あふれるミュージカル女優。若々しい。
地下世界の人間。マンハッタン、ブロードウェイ在住。
地下世界において誰もが羨む “壁のむこう” の、歌の街ブロードウェイで歌と踊りに浸かって暮らす女。
若い生命力に溢れて、日々、歌い続けている。

5年前まではルチアーノの恋人だったが、それを現在の彼女は忘れている。

「歌いましょうよ! 踊りましょうよ! 人生は、そのために在るのだから!」

【ピアノ奏者】
サム・ショーター CV:胸肩腎
寡黙なピアノ奏者の黒人青年。
地下世界の人間。マンハッタン、ブロードウェイ在住。
ジンジャーに恋しているが、仮面のような冷徹な表情を崩さない。

腰から下の下半身が、ピアノ椅子に似たかたちの鉄(メタル)と化している。
ある理由により、親友であるラッキー・ルチアーノがリリィとA をブロードウェイへと連れて来るのを待ち侘びていた。

「あんたになら頼めるかもな。壁を破ったリリィ・ザ・ストレンジャー」

【西の魔女】
ジルーシャ・アボット CV:小倉結衣
過去を慈しむ赤毛の女。通称ジュディ。
地下世界の人間。マンハッタンの中央部で暮らしている。
人間の姿がひとつもない、石の森セントラル・パークが彼女の領域である。

地下世界の多くの人々からは、ダーク・ギャングを率いる恐ろしい魔女であると囁かれている。通称は西の魔女。
事実、彼女は、誰もが恐れる 《御使い》 をまるで愛しいひとであるかのように扱い、共に暮らしている──

「わたしは西の魔女。皆が、わたしをそう呼ぶわ」

バルブ=ガール CV:小倉結衣
チクタクマンの造り出した従者。
人間を “恐がり” だとして嘲笑している。
顔面が白熱電球。他にも体のあちこちに大きな電球がくっついている。
感情に応じて顔の電球が光る。 何か思い付くと頭部の帽子風電球が光る。 激怒すると激しい赤色に発光する。

基本的には “どこか” に座すチクタクマンの元で侍っているが、時折出掛けては、リリィや地下世界の住人の精神を弄ぶ。

「照らしてあげるわ。何もかも、ほうら、これで明るくなった」

キネトロープ CV:杉原茉莉
チクタクマンの造り出した従者。
人間を “忘却の奴隷” だとして嘲笑している。
姿は、フィルムと回転板を身に纏った華やかなようでどこか不気味な女。

地下世界のさまざまな人間たちの前に現れては、嘲笑うかのように自分の中の “メモリー” を見せては、NY消失についての真実の断片をばらまいていく。

「さあさ、覗いてごらんなさいな。 ……何が見える? 何を見たい?」

フォノグラフ CV:高井戸雫
チクタクマンの造り出した従者。
人間を “孤独の動物” だとして嘲笑している。
4つの腕を有し (うち2つは旧式の機械腕)、顔面と肩には発声器がある。

3従者の中で最も手が掛けられているため自意識が発達しており、誰が姉か妹かを常に明確にすべきと主張しているが、他の姉妹はエゴが薄いため反応は薄い。
自分が (主人が興味を抱く) 人間とどれだけ近いのか、常に怯えている。
人間に近ければ憎まれるかも知れない。人間から遠ければ興味を失われて二度と改良されない=触れられないかも知れない、と。

「言葉あるものは我がしもべ。踊るがいい、まがいものたち」

评论 ( 1 )

  1. 回复23333
    设……定……好……多……

这里可以评论

你的电子邮箱不会被公布!